Page: 1/162   >>
発作から生まれる
0
    このごろ渦巻いていた
    『活動の仕方が分からない』不安が
    昨晩とうとうパニック発作になり対処、
    息も涙も絶え絶え眠りについたら
    夢の中で一曲出来て慌てていま録った。
    一年ぶりに曲を作った。

    すごく、
    私を象徴するような出来事だなと思った。
    不安で追い詰められて初めてなにか書ける。
    昔からずっとそうだ、ずっと。


    今も変な感じで、
    私は過呼吸を起こすと痙攣もするから
    今朝は酸欠と筋肉痛と罪悪感で
    勘弁してくれよなきもちなのに、
    この苦しさが、自信の無い曲書きに向わせる。
    それも夢の中で。


    私が音楽を諦めないと、
    たぶんずっとこうなんだろう。
    苦しい。嬉しい。かなしい。



    | masudamissin | 13:56 | comments(0) | - |
    人生をやり過ごす
    0
      昔よりは心身とも生きやすくなった、
      昔よりは愛を受け取りやすい環境にいる、
      猫がいてしあわせ、

      に 掛け合わさる、

      あーなんだかもうガス欠だ、
      世間の不安な空気で潰れそう、
      あの人と結局実らなそうな今世。


      この一見相反する思いを
      家の中で煮詰めていくと、
      昔は思いつきもしなかった、
      人生をやり過ごす発想が生まれる。


      夢は叶わなくてもいい、
      毎日すこしずつ幸せならそれでいい、
      寿命までのあと数十年、
      穏やかに逃げ果せられたらそれでいい。


      こんなふうに考える自分は、
      自分じゃないみたいで、ぞっとする。


      人生をやり過ごすなんて
      さみしいこと考えちゃ駄目だ





      考えてることたちを文章化して
      公開するのはすぐできるけれど、
      考え方が偏ってる今それをするのは
      無責任のようだなーと思い、寝かせている。

      もう少し日常が戻ったら
      また気持ちが変わる気がするから、待ち。



      | masudamissin | 20:11 | comments(0) | - |
      春を奪われた
      0
        (私にとっての)季節たちが

        誰かのものになることには慣れてるけど

        今回はちょっと納得いかない

        楽しみにしていたこの春が奪われていく


        心細くさせないでくれと嘆くけど

        今までのうのうと生きてきたツケな気もする



        意味のない文句は言いたくないけど

        世界が乱暴な言葉で塗り潰されるほど

        歌うことが恋しくなっていく

        不安を発散させるための装置だ

        相変わらず人のために歌えない




        地球がすこし元気そうなことが救い


        早く還れますように




        indigo la End - ハルの言う通り

        https://youtube.com/watch?v=FfoVm_PdEVU
        | masudamissin | 00:10 | comments(1) | - |
        元気です
        0
          夜分遅くにこんばんは増田です。

          久しぶりにつらつら近況でも書いてみよかなと思います。
          こんなご時世ですが、皆さん調子はどうですか?
          私は正直、いまだかつてなく元気です。



          ・なにしてるか

          毎日ごろごろしています。
          お家を出るのは3日に1回くらい。
          太ったのがイタいところですが、
          『調子が悪くない日は数ヶ月に1回☆』
          な生活を10年以上続けてたので、
          満足いくまで休息をとると
          ここまで身体がラクになるんだー!
          と感動しています。

          勿論、こんな歪な状態は脱したいけどね。
          お父さんお母さんに会いたいのです。


          ・猫

          家に居る時間が増えたからか、
          ミル(ちっちゃい方)のなつき度が上がりました。
          嬉し〜〜〜い!
          毎朝起こしに来てくれます。
          もっふもふです。

          アムは相変わらず甘えん坊です。
          とりあえず膝に乗ってきます。
          あったかいです。


          ・マルチケトル

          ようはちっちゃい片手鍋。
          自炊の機会が増えそうなので買ったところ
          とても重宝しています。
          煮るのも炒めるのもこれひとつ、
          洗うのもらくちーん、
          そして場所をとらない。


          ・お洋服

          家から出ない、
          おしゃれをする機会がないと
          お洋服を冷静に見つめられていいですねー。笑

          これまでは生活の都合上
          洋服の頭数が必要だったのですが、
          そこを考えずに整理すると
          心から好きなものしか残さずにすんでスッキリ。
          ZOZOTOWNを血眼で見つめる事も無くなりました!


          ・歌ってないです

          最近まったく歌ってません。

          スタジオやカラオケが休業している今
          声出しは自宅でするしかありませんが、
          大声出すと道路までガンガン響くような家で、
          かといって小声で歌っても私には意味が無いので、
          一旦すっぱり辞めることにしました。
          ちょっと立て直した方がいいだろうってのもあって。

          こういう時に、周りに何かを与えるべく
          自発的に音楽できる人は本当に凄いと思います。
          私はきっちりコロナ鬱
          (に加えて
          いまプライベートで自分のポリシーに反することをしてしまっているの)で、
          歌声がベシャベシャです。
          聴く人が聴いたら一発で分かると思う…。



          歌いたいなら、後ろめたい事をしてはいけないですね。
          早くしないと。



          | masudamissin | 01:57 | comments(0) | - |
          この期間
          0
            コロナ禍においてまだまだモブで居られている自分は、自粛生活をしています。3,4日おきに買い出しか病院にだけ行くような生活。

            ここまで外に出れない人に会えない日々が続くと、自分自身を掘り下げるしかなくて、それは私にとってとてもとても久しぶりの体験。
            今まで、当たり前のように外出するだけで『やった気分』になっていたんだなーと気付かされる。


            大きな声で歌えない小さな家に住んでるのでそれがとてもしんどいのだけど、この自粛期間に学べることがあるような気がしています。





            全員が被害者だ。
            ウイルスにだって悪意はない。

            かわいそう。

            だから、
            全員で脱出したい。

            苦しい思いをする人が、一刻も早く、少しでも減りますように。



            | masudamissin | 21:05 | comments(0) | - |

            PR

            Calendar

             123456
            78910111213
            14151617181920
            21222324252627
            282930    
            << June 2020 >>

            Profile

            Recommend

            Search

            Entry

            Comment

            Archives

            Category

            Link

            Feed

            Others

            無料ブログ作成サービス JUGEM

            Mobile

            qrcode