Page: 1/60   >>
チケ代5,500円の女
0
    私が死んだときは
    みなに素直に悲しまれたい


    だっていま私が死んだり消えても、
    悲しまれるというより
    あーやっぱりミシンちゃん駄目だったかぁ
    って思われそうで、
    それはとっても、
    とっても虚しいし悔しい

    どんな去り様であれ、
    君は人生を全うしたよね
    って皆に腑に落ちてもらえるような形で
    きっちり終えたいです

    そういう意味でも
    私は人に生かされていて、
    様々な人の糸に吊られているから
    滑稽だけど決して倒れない、
    マリオネットのよう



    そしていま消えたとしたら、
    絶対にステージに立つ夢を見て泣く
    それはありありと浮かぶ
    想像できる
    ここで消えたら今世を棒に振る

    昨年の月見ルは素敵だったけれど
    天井を見上げれば梁が見えそうで、
    そんなものなんにも分からない場所で
    現実ばなれした空間に
    連れて行ってあげるだけの力量がほしいとおもった

    広ければ広いほど
    お客さんとの距離が遠いほど
    届けられる自信だけがある

    ていうかあの時くらいの
    透き通るような悲しみがほしい
    私はまだ幸せ過ぎて、さみしい



    歌でもプライベートでも
    人を喜ばせることが殆ど出来ない私は、
    せめて、
    差し出せるものは惜しみなく
    欲しがっているのならくれてあげたい
    あげても減らないよう蓄えておきたい



    まずはチケ代5,500円の女になりたい




    めちゃくちゃなこと言ってますね

    ああ
    ほんものだ、
    | masudamissin | 13:50 | comments(0) | - |

    PR

    Calendar

       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << May 2019 >>

    Profile

    Recommend

    Search

    Entry

    Comment

    Archives

    Category

    Link

    Feed

    Others

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    Mobile

    qrcode